作成者別アーカイブ: tomoe

2022年03月16日

やまきふ共済会、ヤマレコ、石井スポーツの3社が 山小屋団体に2回目の寄付をおこないました。

「やまきふ共済会」、「ヤマレコ」、「石井スポーツ」の3社は「山小屋応援型の山岳保険制度プロジェクト」より、日本有数の登山者が集まる北アルプス、八ヶ岳の山小屋団体に2回目の寄付をしました。寄附金額は合計849万円です。

山小屋応援型の山岳保険制度プロジェクト

「山小屋応援型の山岳保険制度プロジェクト」は山岳保険制度の運営会社である「やまきふ共済会」と、やまきふ共済会の山岳保険制度の募集を行っている「株式会社ヤマレコ」と「株式会社石井スポーツ」の3社が、安全登山の要所となる山小屋を応援するために、売上の一部を日本有数の登山者が集まる北アルプス、八ヶ岳の山小屋団体への寄付するプロジェクトです。

今回の寄付は2回目です。
1回目は2020年11月に行い、3社で1000万円の寄付をいたしました。

◆プロジェクト立ち上げ経緯

山岳保険を運営するやまきふ共済会は、その名前の通り山岳保険制度を通じて、「安全登山のための活動への寄付」を目的の一つとして設立した団体です。
3社は、これまで各地の登山道整備や、会員が遭難してお世話になった警察等の公的救助隊の活動へのお礼としてその自治体への寄付等を行ってまいりました。
そして2020年に新しく山小屋を支援するプロジェクトをスタートしました。

登山者が安心して安全登山を山小屋は、宿泊施設としての役割以外に、登山道整備やトイレ維持、遭難救助なども担う安全登山に欠かせない存在です。
しかし新型コロナウィルスの感染対策のために、施設の改装や営業期間の短縮、宿泊人数の制限などの対応を検討する必要があり、存続が困難になる可能性があります。
3社はこのような状況を鑑み、今後も長く登山を楽しめる状況を守るため、「安全登山のための活動への寄付」として、山小屋支援のために寄付することに決定いたしました。

なお、今回のプロジェクトは個別の山小屋へではなく、地域ごとに共同で登山道整備等を行うために組織している山小屋団体への寄付とし、間接的にその所属する全ての山小屋を支援する形としております。

寄付の対象となる山小屋団体

【寄付した金額】
※()内は小屋数

■北アルプス
・飛騨山小屋友公会(13) 82万円
・北アルプス北部山小屋組合(31) 195万円
・黒部観光旅館組合(8) 50万円
・立山山荘協同組合(25) 157万円
・北アルプス山小屋友公会(25) 157万円
■八ヶ岳
・八ヶ岳観光協会(33) 208万円

合計寄付額849万円

今回の寄付が新型コロナウィルスで甚大な影響を受けている多くの山小屋の⼀助になることを⼼から願います。

2022/3/16
八ヶ岳観光協会の総会で授与式を行っていただきました。
八ヶ岳観光協会の皆様ありがとうございました!

八ヶ岳観光協会総会にて

【関連記事】

【やまきふ共済会】
事業内容: ⼭岳地域における遭難対策費⽤等に対する保険制度の運営
URL : https://www.yamakifu.or.jp/

【ヤマレコ】
事業内容:登山専用SNS「ヤマレコ」運営
URL:https://yamareco.co.jp/

【石井スポーツ】
事業内容:登山・アウトドア・スキー用品販売
URL:https://www.ici-sports.com/

【本件に関するお問合せ先】
やまきふ共済会 担当:井関
〒277-0863 千葉県柏市豊四季167-302
E-mail: [email protected]
TEL:04-7140-2555